腹腔鏡下手術で、術後の回復が早いです。

去年、妻が腎臓に出来た腫瘍を取り除く為に、入院してオペをしました。
その時に使われた術式がが、腹腔鏡下手術による手術でした。
通常のオペでは、切開するする部位が多いため、術後の回復に時間が要します。
その為に、入院の日数削減と術後の体力回復には、この術式が良かったようです。
もちろん、2週間ほどの入院が収まりました。
入院にかかる費用もそれだけ小額で済んだと喜んでいます。
それ以上に、嫁の術後の回復の期間が通常の切開する術式よりは、より早く日常生活に戻る時間も少なくて済みました。
その為に、嫁の体に対する負担も少なかったのが、この腹腔鏡下手術を選択した一番のメリットだったと思います。
すべての患者にこの術式が使えるわけでもないことも、事前のオペの説明にもありましたが、嫁の場合は使えたのが何より良かったです。
もう少し深いところに腫瘍があれば、この術式が使えなかったかと考えると、それも患者の経済的な負担も体力的な負担も計り知れなかったと言えます。

鼠径ヘルニアの腹腔鏡手術とは?【千葉のみつわ台病院】

コンビニのフランチャイズ契約について

最新投稿

  • 腹腔鏡下手術が持て囃される理由

    近年婦人科では、メスで切らない、切っても部分的に切るだけで傷痕が目立たない腹腔鏡下手術が持て囃されて …

    続きを読む...

  • 腹腔鏡下手術ってどういう物だろう

    従来お腹の手術をする場合はメスを利用して切開していましたが、現在では腹腔鏡下手術を選ぶ人も増えていま …

    続きを読む...

  • 腹腔鏡下手術のメリットと踏まえておくべきポイント

    最近、用いられるケースが増えてきている腹腔鏡下手術ですけれども、腹腔鏡下手術の特徴であり、メリットと …

    続きを読む...

  • 腹腔鏡下手術はメリットの多い手術

    腹腔鏡下手術はメリットの大きい手術です。
    それはどんなものかと言うとおへその近くに1㎝程度の小 …

    続きを読む...

お知らせ