腹腔鏡下手術のメリットと踏まえておくべきポイント

最近、用いられるケースが増えてきている腹腔鏡下手術ですけれども、腹腔鏡下手術の特徴であり、メリットとなるポイントとして挙げられますのは、腹腔鏡によってモニターに映し出された映像を見ながら、特殊な器具によって手術を行う事が可能となり、骨盤による死角が無いというポイントや、開腹手術に比べ切開する範囲が劇的に小さくて済む為、手術時間の短縮効果や、患者の手術後の痛みが少なく回復が早いというポイント、そして女性は特に嬉しいポイントとしまして、手術痕が微少で済み目立たない事も挙げられ、その為完治までの期間や費用の面で、大きなメリットを生み出しています。
しかしながら、腹腔鏡下手術は万能という訳ではありませんので、ケースによっては手術中に、開腹しなければならない場合なども、少なからずありますので踏まえておく必要があります。
また、ある程度大きな病院でないと、コストなどの面もあり導入していないケースも多いようです。